({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「メガネ外すと、思ったより幼いんですね。だから虐めたくなるのかなぁ」
ノンケな後輩に押し倒されて、痛いくらいに乳首をキュッと抓られて…コレって夢? それとも現実!?

――ゲイであることを必死に隠して生きてきた堅物リーマン・大槻。
マジメすぎるが故に職場のチャラい後輩・二ノ宮とは衝突してばかり。
なのに、そんな相手に惚れるってどうなんだ! と落ち込んでいたある夜、
ひょんなことから二ノ宮を自宅に泊めることに。
すると「俺のこと、オカズにして抜くくらい好きなんでしょ?」って迫られた挙句
「ここ、キツくされる方が感じるよね」ってビンビンに勃起したアソコをグリグリと攻められてしまう。
馬鹿みたいにキモチよくて思わず泣いちゃったけど…でも、なんで? なんでこうなった?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件