({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「今度は中からマッサージしていきましょう…」

30歳OL処女―…日下部エリナ。
仕事仕事の毎日で身体も心もボロボロ。
友達に紹介してもらった出張マッサージに現れたのは
自分よりだいぶ年下のイケメンマッサージ師・三神!
魅惑の手つきに癒されていたら、突然おっぱいを揉んできて…
これはマッサージなのに…変な気分になっちゃう…!
「そういう方多いんですよ。でも日下部さんのように敏感な人はいないかな」
乳首をクリクリされ、快感に身を捩るエリナを、不敵な笑みで見下ろす三神。
「とりあえずイきましょうか」
淫らな手つきでアソコの中までマッサージされてエリナはビクビクっ!
「もうだめぇ…!」
慣れた手つきで、エリナを快感と興奮の渦に誘う三神。
身も心もイケメンマッサージ師・三神の虜になっていくけど…!?

【ミステリアスな年下マッサージ師×30歳OL処女】の甘くとろけるラブエロストーリーv

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「彼の指先・私の吐息~年下マッサージ師の淫指~ 5巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件