({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年01月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数152
ジャンル
ファイル容量
70.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

頻繁に痴漢されるようになった…
満員電車の中で僕の首筋の匂いをスンスン嗅いで興奮してる…。
僕は男なのに、男の痴漢に!!

突然、男にモテ始めて困っていたのに、ある日、何十人もの男の集団に襲われて、
咥内に指を突っ込まれ、首筋を舐められ股間を弄られ…もうダメ! と思った瞬間、
群衆を掻き分け目の前に現れた大男に
「やっと会えたな、俺の“花嫁”」と言われ、お姫さま抱っこをされて窮地から救ってもらえた……
けど、俺が“花嫁”? しかも、この助けてくれた大男、人間じゃなくて……鬼の王!?

突然花嫁になることを強いられた大学生と鬼の異種間ラブストーリー!

注意事項

「僕はその日花嫁になった。1 (BJ044800)」と内容の重複がございます。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「僕はその日花嫁になった。【単行本版】 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!花嫁

2018年01月31日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

表紙から溺愛ものかな?と気になっていたのでお安くなったタイミングで購入してみました。
鬼の花嫁になることが決まっていた春ですが、そんなこと知らずにその時を迎えます。
とにかく男たちから襲いかかられ、助けてくれたのが鬼の王でした。
王の一途さにきゅんとくる話でした。
1巻との表記なので続編楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]