({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年10月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数35
ジャンル
ファイル容量
20.52MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「もうすごいね、トロトロだ。やっぱり初めてだと感じやすいんだね。知ってる? ここにね――入るんだよ」
そんなとこ舐めたら汚いっ…Hって…こんなに気持ちのいいものだったの?

OL・すずと両隣に住む湊と伊織は、小さなころからの幼馴染。
女子高に通っていたせいもあり、男性と話すことが苦手なすずは、
この二人が唯一普通に接することのできる男友達だった。
湊とは、働いてる会社も同じで、仲がいい関係、湊もすずのことが好きだったが、すずがほんとに憧れているのは伊織――。
そんななか、会社での恋バナで処女をからかわれ、
気を紛らわそうと飲めないお酒を家で飲んでいたすずの前に、伊織が現れて…
伊織に相談しているうちに、酔ったすずは、勢いに任せて伊織と…!?

抱ク×抱キタイ×抱カレタラ~今夜、ケダモノたちは発情する~ 2巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「抱ク×抱キタイ×抱カレタラ~今夜、ケダモノたちは発情する~ 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件