({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「ずっとずっと好きだった。…だから誰にも渡さない」

子どものころからいつも一緒にいた幼なじみの冬真と秋人。
年上の私が守ってあげなきゃって思ってたのに、
いつの間にか、冬真はしっかりものの優等生に、秋人は不愛想だけど優しい男の子に成長していた。
ちょっと寂しい気もするけど、私にも好きな人ができたし、これがオトナになるってことかな?
…なーんてのんきに思っていたら、ふたりとも思いっきり邪魔してくるんですけど!?
しかも「弟みたいって思ってた? もう我慢しないよ」っていきなり野獣に豹変しちゃってー!?
ふたりして押し倒してきて、カラダ中にキスされて、奥までクチュクチュ愛撫されて…。
こんな男の顔したふたり、私知らないよぉッ…!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「オトウト系幼なじみが野獣化しまして。(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件