({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年08月08日
シリーズ名<社内秘>絶頂△業務 ふしだら社長は深夜、獣と化す
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数27
ジャンル
ファイル容量
14.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

寝ぼけてHをしていたことに気付き、必死に謝る金子。
そんな行動に傷つきながらも、
もっとここで仕事をして社長のことを知りたい…と、ここに置いてくださいと頼みこむ。
泊まり込みなし・終電前の帰宅厳守を言い渡され、
それが当たり前なのだとわかっていてもなんだか寂しいと感じてしまう志保。
業務後、帰宅する金子に忘れ物を渡そうとしたら躓いて抱き合う形に。
「……私、嫌じゃないです」「それ以上言うな」
金子への想いがとうとう溢れ出して…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「<社内秘>絶頂△業務 ふしだら社長は深夜、獣と化す 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件