({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 雨宮かよう
出版社名 新書館フォローする
レーベル 新書館POP
販売日 2016年07月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数164
ジャンル
ファイル容量
103.96MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「…きみって、憑かれると欲情するタイプなんだね」

大学の合格発表会場で、道晴(みちはる)は突然妙な声を聞いた。
その声を聞いた途端、道晴は体が灼かれるように熱くなり、欲望のままに他人を襲いたい衝動にかられる。
道晴が誰彼かまわず襲おうとしたのを止めたのは、和服をまとった美麗の男・明(あきら)だ。
彼は欲情に翻弄されるままの道晴を自宅へ連れ帰り、いきなりキスをする。
しかも鬼を浄化するためだからと、道晴を寝室へ招いた。
必死で理性を保とうとする道晴に明は、「ここに、入れさせてあげるから」「朝までずっとやりまくろう」と煽ってきて――!?

※この作品は「煽情の花、従順な僕」第1話~第5話を収録しております。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「煽情の花、従順な僕」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件