({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「好きなのに性別とか関係あるの? 親子って言ったって義理なのに…」

サラリーマンの井上歩には他人には言えない悩みがあった。
それは血の繋がらない義理の息子・響の過剰すぎる≪愛情表現≫。
キスもハグも当たり前だという響に、毎日振り回されてドキドキするなんて…。
だって響は昔好きだった男の子供でもあるんだからッ。
ある晩、夜更かしを注意しようと息子の部屋を覗いたら、自分をオカズにオ○ニーをする響を目撃してしまって!?
「親子なんだから!」と諭すと「どうせ義理じゃん」と突っぱねる響。
その日からスキンシップは止んだというのに、何でこんなにココロがもやもやするんだろう…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「好きだった男の息子に迫られています 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件