電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 自らオモチャをくわえ込む女!?

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数69
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「きれいだよ深雪。そうやって感じている顔が一番きれいだ」
政治家である父が娘と体を重ねる!?
そして秘書の男との関係は…!?

財界の娼婦として、ある政治家に利用された女がいた。
そしてその娘、深雪も同じ役割を担わされていた。
白い肌、栗色の髪、大きな瞳、まるで美しい人形のような容姿だった。
縄で縛られ、アソコに性玩具を突っ込まれ、枯れた夫婦の回春剤になる…。
それが深雪にとっての日常。
ただ、父である政治家の秘書となった香坂だけは違っていた。
様々な男達の性の道具になっている深雪に対して、「君は汚れてなんかいない」と慰める。
2人の関係は徐々に親密になっていく。
だがある時、深雪は父に呼ばれる。そこで深雪を待っていたのは…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ071087
ファイル名/ファイル容量
BJ071087.zip / 17.7MB (18563795Byte)

自らオモチャをくわえ込む女!?の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「自らオモチャをくわえ込む女!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件