電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 隷属令嬢は叔父に抱かれる~禁断の絶頂プレイ 2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数29
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「もうこんなに濡れてる…俺たちはぴったりだな」

母の葬式の日、私は叔父、伊達啓介に抱かれた。
昔から憧れていて、8年ぶりに会った叔父は私の理想の人。
母が死んで不安な私は、彼に身をゆだねてしまった。
彼は情熱的に私のカラダに印をつけて、私の初めてを奪った。
大好きな人だったから後悔はなかったのだけど、彼が寝ているとき、
私の母の名まえを寝言で呼んでいるのを聞いてしまった。

親戚から、叔父は私の母と関係があったと聞いたことがあったけど信じてなかった。
ひょっとして私は、母の身代わりで抱かれているの?
迫る私に、叔父は母のことが忘れられないと正直に告げた…。
この言葉を聞いて叔父との関係を断とうと思ったのだけど、彼は思ったより私に執着して!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ070541
ファイル名/ファイル容量
BJ070541.zip / 17.98MB (18856603Byte)

隷属令嬢は叔父に抱かれる~禁断の絶頂プレイ 2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「隷属令嬢は叔父に抱かれる~禁断の絶頂プレイ 2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件