電子書籍 > ソルマーレ編集部 > 歪んだ性格なカレのエッチは意外と優しい

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年07月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数26
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「襲いたくなるだろ、お前がサカッてんのずっと見てたから」
まだ開館している図書館の死角で淫らな水音と荒い息遣いが響いて―…。
街外れにある古い図書館は海久の心休まる場所。
そこに最近やってきた司書の静は、良く整った顔に反して性格が凄く歪んでいた。
しかし、本に対する愛情は暖かくて、静のそんなところに海久は惹かれていた。
ある日、海久が特等席でいつものように本を読んでいると、作中に濡れ場が出てきて思わず身体が反応してしまう。
「なんでもう濡れてんの?」静にそのことがバレ、ごまかそうとするも、秘部を刺激され―…。
歪んだ性格でいつも意地悪をいうのに、愛撫やキスは凄く優しくて―…
【桃色日記】

作品情報/動作環境

作品番号
BJ070493
ファイル名/ファイル容量
BJ070493.zip / 3.09MB (3245315Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「歪んだ性格なカレのエッチは意外と優しい」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件