電子書籍 > ソルマーレ編集部 > あまのじゃくなキミをイかして愛して離さない

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数26
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「俺が聞きたいのはそんな言葉じゃない」
覆いかぶさる大きな身体、愛しいという眼差し、耳元で愛の告白をされたら、カラダが熱つくなる―…。
あまのじゃくな女子・はるこは、自分の性格にコンプレックスを抱いていた。
彼女の想い人・越谷は、会社での席も隣、マンションの部屋も隣…そして、顔も性格もイケメン。
もちろん、社内のアイドル・藤原さんという恋のライバルが居たりするわけで…
自身の恋路に不安と焦りを感じていた。
ある日、熱を出したはるこは、家の玄関で倒れてしまう。
駆け付けた越谷に薬を飲ましてもらうも―…?
「今の感触…なに―…」薄れゆく意識の中で、自身の唇に触れた柔らかい感触は一体―…!?

【桃色日記】

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068997
ファイル名/ファイル容量
BJ068997.zip / 2.92MB (3063337Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「あまのじゃくなキミをイかして愛して離さない」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件