電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > ホテトル 夜の恋人

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月20日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数83
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

世間は私を”ホテトル嬢”と呼ぶ。
今日もねちっこいエロおやじを抜群のテクニックで満足させた。
そんな私の今回の相手は、おっ女…!?

私の毎日は事務所とホテルの往復。
ちょっとやそっとじゃ驚かない私だけど、さすがに今回は、ビックリした。
それにしても、「ワインでいい?」とか、手が震えてるじゃん。
「夜景がきれいよ」とか、そんなもん見てどーしよーってのよ!!
その上「待って…私…シャワーを…」ときた。
全く調子狂うなァ…。
こっちは全裸でベッドに入ってるっていうのに。
こうなったらこっちから責めちゃおうっと。
あらら、シャワー室で顔を赤らめてる。
肩に手を置いたら、ビクンだって。体を洗ってあげたらこわばってるし。
「もしかして、お姉さん。バージン?」当たり!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068831
ファイル名/ファイル容量
BJ068831.zip / 25.68MB (26926652Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ホテトル 夜の恋人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件