({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

主人公花澤環・通称タマは出版社の新米編集。
ある日新進気鋭の小説家「月宮伊吹」の原稿をとりにいくことを命じられ、自宅に伺うことに。
しかしインターホンを鳴らしても月宮先生は出ず、しょうがなく庭から中をうかがうことに。
道中、庭に鈴付きの首輪が落ちており、その音を聞いた月宮先生が「タマ!」と飛び出てきた!
実は先生は無類のネコ好きで、主人公が同じ「タマ」なせいで
家出したネコが「人間に化けてもどってきた」と勘違い。
原稿を貰ってくるまで帰れない主人公は、ネコとして先生の家に居候することに?!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「恋するペット~センセ、発情してもいいですか?~2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件