電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 極濡れディナー・熟れた果実を貪られ―

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数90
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「悦二。抱いて、ここで今」
真夜中のレストランで、女が囁く。
「結花里」「帰れないわ。悦二に可愛がってもらわなきゃ、きっと今夜も眠れない」
わかってるよ。悦二の黒い睫毛がうなずくと、長い指がブラウスの中へ滑り込む。
慣れた手つきで下着から女のふくらみを解放させ、ゆっくり大きく揉み上げてゆく。
「あ」結花里が体を痙攣させ、声を上げる。
ほどなく、尖り始めた乳首を見つける。
「悦二…好き。愛してる」
剥き出しになった胸を押しつける様にすがりつき、ねだるようにキスをする。
長い指は唇と同じくらい濡れた所をすぐ捉え、細やかに大胆に動く。
こりっと悦二が乳首を噛む。
「ああっ悦二ぃっ」「クロスがびしょ濡れだ」「ちょうだい…悦二…早く」悦二はズブッと…!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ067336
ファイル名/ファイル容量
BJ067336.zip / 31.51MB (33036540Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「極濡れディナー・熟れた果実を貪られ―」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件