({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数122
ジャンル
ファイル容量
32.27MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

人形師、林原輝充の人形展を開こうと、人里離れた彼の家を訪ねた理恵子。
飲み物を飲んだ途端、気を失ってしまう。
気がついた時、理恵子は全裸でベッドに縛り付けられていた。
「君は従順な女になるんだ。私を慰める生き人形にね。
透けるように白い肌だ。籐のようになめらかで…理想の女だよ。素晴らしい」
そして輝充の一方的な愛撫が始まった。
だが、理恵子の体は反応してしまう。
「いや…やァっ」
「嫌がってないだろ。躰が悦んでる。蜜をしたたらせてね」
ピチャピチャと音を立て、理恵子の愛液を啜る輝充!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「監禁凌辱!? 私は男を慰める牝人形」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件