({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数98
ジャンル
ファイル容量
39.55MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夜の道路に倒れていた女。智也は間一髪で車を止め、助けようとする。「裸!?」
はだけたコートの下は、一糸まとわぬ女の裸体。
薄い花びらのように透ける美しい肌。「すげえ…」
一瞬にして智也の理性を奪った。だが我に返った智也が叫ぶ。
「きみっしっかりしろ」女がか細い声で言った。
「助けて…」これが運命の出会いだったのだと後に何度も思った。
智也の兄の病院に担ぎ込まれた女は、意識がない中、淫らな記憶に喘いでいた。
男の指が全裸の乳房を掴む。
「悦んでいるよ。美し肌がピンクになって男を誘う花びらのようだ」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「病室で敏感な花を嬲られ性感触診」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件