電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 女装彼氏と肉欲H

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年09月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数118
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

私の彼は、オーナーをしている店では女装の超美人。
でも女装は趣味なので、いたってノーマル。
なのに最初の時、男でもない女でもない中性的な何かに抱かれているみたいで、不思議な感覚だった。
肌を合わせる度に彼が男だって思い知らされる。

ある日お風呂に入っているとき、いきなり彼が入ってきた。
「一緒にお風呂に入るのは嫌だって言ってるでしょ」
「君の体なら隅々まで知ってる。白くキメのこまかい肌。ちょっぴりふくよかなライン。
胸は平均。ツンと上を向いてプニプニと弾く乳首。好きだよ、秘密の隠されたこの花園も」
「はあ」
「湯よりも熱い蜜が、奥の泉から溢れる」
「はあん」
「僕のも触って」
ああ、大きい! こんなのが私の中に入るなんて信じられない。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ061885
ファイル名/ファイル容量
BJ061885.zip / 45.71MB (47931380Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女装彼氏と肉欲H」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件