電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > おとなのグリム童話ー学校では教えてくれない童話の中の恋ー

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年08月30日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数102
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ある日、森の中の泉で妖精と王子が出逢った。
王子は妖精の美しさと
「なあに、いつまでも見てんのさっ」
威勢の良さに惹かれ、妖精は…
「まあ怒られても仕方ないな。僕の裸も見せるから許してくれないかな」
王子の…まあ、とにかく惹かれた。
2人は恋に落ち、愛し合い…
「エリス、ずっと一緒にいよう」「ええ、ショーン」

ところが
「あっごめん。僕は王子だった。国を捨てることはできないんだった。」
でっ、別れた。…
「って、展開早すぎでしょっ。ふざけるなァ!」
300年生きてきて初めて気の合う人に会ったんだもの。
楽しくて…愛しくて…。
「君は永遠の命を持つ妖精。僕は人間。僕だけ歳を取って…」
「あなただけ歳を…そうだ! 私、妖精やめて人間になる!」と決意するが…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ061881
ファイル名/ファイル容量
BJ061881.zip / 34.47MB (36146336Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おとなのグリム童話ー学校では教えてくれない童話の中の恋ー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件