電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 誰にも言えない夫婦の秘密

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 松久晶(画) / Aダッシュ(作)
出版社名 秋水社ORIGINALフォローする
販売日 2015年07月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数124
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

結婚3年目、ベッドの中でも息があってきたなあって、
しみじみと幸せを感じていたのに、夫が突然のインポテンツ!?
次第にギスギスし始める私達。
ついに彼を切れさせてしまったある日、
「犯してやる!」と叫んで、彼がベッドに私を押し倒したんです。
その時、彼が持っていた煙草が、偶然、私のストッキングに穴を開けました。
それを見た夫は異常に興奮し、私のストッキングを破りながら荒い息をついています。
私は、いい知れない屈辱感に本当に犯されているような気持ちを感じていました。
そしてなぜかアソコは今までに無く濡れて体の奥底から快感が突き上げるのを感じていました。
そして彼のモノは今までの状態がウソのように、激しくそそり立っていました…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ057848
ファイル名/ファイル容量
BJ057848.zip / 23.7MB (24856308Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「誰にも言えない夫婦の秘密」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件