電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 人妻・秘密の肉体アルバイト

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年06月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数144
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

交通事故で太ももに傷が残って以来、夫婦生活が遠のいてしまった人妻。
熟れきった体を持て余した私は、友人の勧めで、あるクラブでバイトをすることに。
だがそこは、スワッピングクラブだった!?
セクシーなランジェリーと仮面を付けた私に、店の男が囁く。
「あなただって気持ちいいこと嫌いじゃないでしょ?」
その言葉が私の中に残っていた最後の抵抗感を失わせた。
見知らぬ男の愛撫。乳首を吸われ、アソコを弄られる。
「かわいいよ。初々しくて」
久しぶりの感触だった。
ここには私を女として、欲望の対象としてみてくれる男がいる。
男は私を押し倒し激しく貫いてきた。
体は痺れ、頭はボーッとなり、いつしか私は、夫のことを忘れ、エクスタシーの闇に呑み込まれた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ056650
ファイル名/ファイル容量
BJ056650.zip / 52.76MB (55318598Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人妻・秘密の肉体アルバイト」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件