電子書籍 > ソルマーレ編集部 > 雪の棘~消されたワタシの秘密~ 3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年06月22日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数36
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「私には隼人さんという婚約者がいるのに…、この気持ちは何?」

一年前の雪の日に起こった交通事故で両親を失い、自らもケガを負ったまり亜。
以来、雪に対する嫌悪感を持ち続けていたが、
主治医でもあり兄と慕う隼人とその両親に見守られ、徐々に心と身体の傷はいやされていった。
その隼人との婚約が決まり幸せの絶頂の婚約パーティ当日、雪の上に絵を描く洸と出会う。
嫌いなはずの雪に描かれた絵に魅せられ、同時に洸自身にも惹きつけられていく。
一直線にアプローチする年下の洸の出現で、
婚約者でクールな隼人の態度は徐々に変化をしていくのだった。
ふたりの狭間で悩むまり亜にはある秘密が隠されていた…。

雪が降りしきる中、まり亜をとりまく運命の振り子は静かに揺れ始める――。

【リア×ロマ】

作品情報/動作環境

作品番号
BJ056121
ファイル名/ファイル容量
BJ056121.zip / 4.68MB (4902536Byte)

雪の棘~消されたワタシの秘密~ 3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「雪の棘~消されたワタシの秘密~ 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件