電子書籍 > オトメチカ出版 > 滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~ > 滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~(2)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月26日
シリーズ名滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数31
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「仕事の後は体が火照っていけねぇ…」

火事に巻き込まれた私を人工呼吸で助けてくれたのは細マッチョの火消し男子――。
火事をきっかけに江戸時代にタイムスリップしてしまった椿。
彼女を助けた半纏姿の男は「火消しの後は気持ちが昂るんだ…」
そう言うと突然椿の服を脱がし、カラダの隅々を舐めはじめる。
その舌はついに彼女の大事な部分にまで…。
だめ…強引なはイヤなのに、そんな丁寧に舐められたら…感じちゃうよぉ!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ055710
ファイル名/ファイル容量
BJ055710.zip / 15.19MB (15929271Byte)

滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~(2)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件