電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 夏服の女学生・キャンパス調教

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数89
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

偶然手にしたかつての恋人の日記。
そこに封印されていたのは…。

「紀代は胸を愛撫されると本当に悦ぶので、下の方から乳房を押し上げてギュッと寄せてやる。
そのまま乳頭の形が変わるかと思う位強く吸い出してやった」
「せんせい…好き…何度も喘ぎながら紀代が訴える」
「可愛い。本当に愛しい私の紀代」

1行毎に先生の熱い言葉で私の身体は愛撫されていった。
「昨日教えたことをもう実践してくる。好奇心旺盛な娘だ。
はち切れそうな乳房を私の唇に押し当てて吸えと要求してくる。
押し当てられた柔らかな恥毛は、しっとりと湿っていて熱い体温が伝わってくる」

気がつくと私は先生の日記に記された行為と同じ事をその封印された紙の上で繰り返していた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ054595
ファイル名/ファイル容量
BJ054595.zip / 34.54MB (36214336Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夏服の女学生・キャンパス調教」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件