電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 罪人の華燭

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数85
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

彼女の事について何から語ればいいのだろう。
その日の彼女は美しかった。
黒いベールの向こうの横顔は、あくまでも白く、伏せた瞳には一片の表情も無く、
静かに夫を見送る喪服の彼女は、怖い程に美しかった。

トップモデルの座を捨て、40歳も年上の資産家と結婚した女。
夫の葬儀の日に、愛人に抱かれる未亡人。
「ねえ乾杯をしましょう。これからの私たちのために」
2年間、私を苦しめた代償として、莫大な財産を私に残して。
遺産争いから逃れるように行った軽井沢で出会った青年。
彼はくったくなく眩しく、透明感のあるまなざしで、射るように私を見つめる。
私は身動きが取れなくなる。そして優しい愛撫…。
このドレスを血に汚しても手に入れたい愛がある!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ054099
ファイル名/ファイル容量
BJ054099.zip / 27.09MB (28408567Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「罪人の華燭」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件