電子書籍 > 竹書房 > 茶々恋々~桐生茶道具専門店~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数179
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

明治から続く茶道具店の店主・桐生光孝は、後継した店の再興に邁進中。
しかし、茶道界ではまだまだ若輩な桐生には後ろ盾が必要で、
北万家(きたのばんけ)の実力者・有馬にその身を投げ出し、
庇護を受けていた。有馬の「お気に入り」は茶道界では公然のことだが、
それが意味するコトを知っているのは、桐生の同居人・名波伊織だけ。

父の死から有馬に初めて身体を奪われるまで、全てを知っている伊織は桐生にとって特別な存在であり、必要な支えだった。
ところが、和菓子屋の跡取り息子・瀬戸倫太郎が5年間の修業を終えて戻ってくると、「あなたを守りたい」と告白されて――…。
瀬戸から寄せられるひたむきな想いに動揺する桐生。
そんな桐生を見て、伊織も心中穏やかではいられず…?

【収録作品】
初春/春彼岸/立夏/水無月/日々是好日/無事是貴人

作品情報/動作環境

作品番号
BJ053576
ファイル名/ファイル容量
BJ053576.zip / 62.56MB (65595320Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「茶々恋々~桐生茶道具専門店~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件