電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操の秘密の図書館】Jupiter(ユピテル)王妃の不貞

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月02日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

スパルタ国王の妃レダが懐妊した。
待ちに待った世継ぎの誕生に国民は喜びにわき上がった。

だが当のスパルタ国王は
「そんなバカな!! そんな事があるわけがない!! 一体誰の子を宿した!?」
「まあ、何をおっしゃいますの? 私はあなたの妻ですのよ。妻が産むのは夫の子と決まっておりますわ」
「わしの子ではない!」
「ではあなたはそれを皆の前でおっしゃいますか? わしは不能だ。それ故妃の産む子はわしの子ではない…と」

レダはある日白鳥に話しかけられた。
白鳥の大きな羽がすっぽりとレダを包み込んだ。
まるで男の長い腕で抱きしめるように。
白鳥の首が脚の間をつつく。足の間に刺さってくるもの。
固く…熱い…。
これはなんなの!? 白鳥の首…!? それとも…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ053180
ファイル名/ファイル容量
BJ053180.zip / 13.76MB (14429078Byte)

【星合 操の秘密の図書館】Jupiter(ユピテル)王妃の不貞の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操の秘密の図書館】Jupiter(ユピテル)王妃の不貞」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件