電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操の秘密の図書館】妖花の迷宮

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

色とりどりの振り袖も豪華なレースの夜会服も私には煩わしいだけよ。
軟弱な体を身分と家柄に隠した男達の気取った素振り。
お愛想だけのくだらないおしゃべりも私はもうあきあきだわ。
そんなものは欲しくないのよ。
私が欲しいのは、ほら…道端に立ち媚びた目つきで男を誘う、あの遊女の暮らし。

「…織人さん…ああ、お願い。もっと…もっと強く…!」
女は恥ずかしげも無く、大きく脚を広げ、男のモノを受け入れながら叫ぶ。
「もっと…! ああ…織人さん。もっとよ…」
男が女の体を離す。
「いやっやめないで」
「降参。少し休ませてくださいよ」
「いや、もっとして欲しいの」
「いったいどうしてこんな淫乱な女になってしまったんでしょうね」
「私にこれを教えたのは一体誰なの」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052860
ファイル名/ファイル容量
BJ052860.zip / 13.75MB (14414737Byte)

【星合 操の秘密の図書館】妖花の迷宮の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操の秘密の図書館】妖花の迷宮」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件