電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操 官能の美学】ユーフォリアの狩人

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

スカーフをくわえ、男に跨がり腰を振る私。
声を殺し時を殺し愛という名の甘美を貪る。

父が亡くなり私と母と祖母の女3人だけになったこの館に彼はやって来た。
私達は惹かれ合った。
「君が欲しい。君とひとつになりたい」
そう言われた時、声が出ない程心臓が高鳴った。

背中からネグリジェがおろされる。
未知のものへの期待と羞恥が私の体を震わせ、初めての感覚に手も足も痺れる。
足を大きく広げられアソコを舐められる。

「愛してるよ」
愛してるという言葉は媚薬。羞恥を喜びに変えてしまう。
何も知らない蕾のようだった少女が、みるみると花開き、
白い裸身を惜しげも無く揺らす様はどんな男も狂わせるだろう。
堪えようも無く熱く激しい欲望を白い体に叩き付ける。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052859
ファイル名/ファイル容量
BJ052859.zip / 13.28MB (13928766Byte)

【星合 操 官能の美学】ユーフォリアの狩人の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操 官能の美学】ユーフォリアの狩人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件