電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操 官能の美学】罪深き淑女

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

オパールのネックレスを手にする女。
「まあ綺麗。私にくださるの? ステキ。嬉しいわ」
「つけてごらん。とても良く似合うよ」

女はネックレスだけを身につけた裸体で男に抱かれていた。
女の胸を下から揉みあげながら、激しく腰を動かす男。
「…ああ…!」女がたまらず嬌声を上げる。
男は女の尻を抱えると後ろから挿入する。女の顔が快楽に歪む。
「もっと腰を振ってごらん」「…いや、恥ずかしいわ」
男は女の腰を掴むと激しく腰を動かしながら言う。
「気持ちいいんだろう」男にバックから突かれながら、私の瞼の中をさまざまな色の光が飛び交う。
鮮やかな色彩が私の中で回っている。
気だるく私を蝕み深い眠りに誘うように私の体を支配する甘く淫らな白昼夢の名残り。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052646
ファイル名/ファイル容量
BJ052646.zip / 14.46MB (15166088Byte)

【星合 操 官能の美学】罪深き淑女の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操 官能の美学】罪深き淑女」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件