電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操 官能の美学】美獣の食卓

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

彼がパーティーに誘ってくれた。夫婦同伴の晩餐会。
素敵だわ。とっておきのお洒落をしなくちゃ。
彼の妻としてはずかしくない淑女にならなくちゃ。

都心から車で2時間程の高級リゾート地。
木々に囲まれて、その館はあった。
私は彼の本当の妻じゃない。私は1年前から彼の愛人だった。

パーティーを待つ間、彼が囁く。
「君を同伴できる事は僕の自慢だよ。愛してるよ」
そう言いながら、柔らかなソファーに潜った彼の手が私の体をまさぐる。
肉の割れ目をなぞり敏感な部分をとらえる。
「成俊さん、やめて。みんなに気づかれるわ」
「大丈夫だよ」
イタズラな彼の指は私の体を知り尽くしている。
「熱くなっている。いやらしい子だね」
あなたがそうしたんじゃない。1本の指で!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052120
ファイル名/ファイル容量
BJ052120.zip / 13.7MB (14363819Byte)

【星合 操 官能の美学】美獣の食卓の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操 官能の美学】美獣の食卓」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件