電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操 官能の美学】背徳夫人の宴

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

私は背徳の官能に囚われている。
仮面をつけた男達が次々に私の体を弄ぶ。
「やめて…! 助けて…!」
心ではそう叫びながら体は波のように襲う快感に翻弄される。
やがて意識も遠のいていくようなエクスタシー。
その刹那、私の心は最後の叫びをあげる。
あなた…あなた許して…! 私はもう、あなたの元には戻れないの。

私が夫とともにフランスに来たのは半年前の事だった。私は幸福だった。
けれど私には夫に言えない秘密があった。
私の体は夫との初めての夜のその時から物足りない虚しさを感じていた。
体の芯にともった熱い火が満たされないまま疼いている。
この疼きは幼い頃から私の中にあった。
夏休みに遊びに行った親戚の家で大人の情事を見て…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052119
ファイル名/ファイル容量
BJ052119.zip / 13.3MB (13945868Byte)

【星合 操 官能の美学】背徳夫人の宴の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操 官能の美学】背徳夫人の宴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件