電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操の秘密の図書館】摩天楼千夜一夜 汚れた人魚のレクイエム

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数69
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「しばらく合わないほうがいい」
ベッドの中で淫らな時を過ごした後、男が言った。
「なぜ!?」「女房が感づいた様子なんだ」男は全裸の女を抱き寄せる。
「何しろ、うちの女房は嫉妬深いんだ。今、刺激して騒がれるのはまずい。
お互いにとって困った事になるだけだろう」
「だからって会えないなんてイヤよ!」
女は男の胸に顔を埋め、下を這わせる。
「聖羅…」「イヤよ、イヤ」聖羅の顔が欲情に染まる。
「何よ。奥サンに気づかれたくらいでオタオタしちゃって。
男って意気地なしね。男なんてみんな同じだわ」

「宮原聖羅ね」突然女が聖羅に声をかけ、ナイフで切り掛かる。
ドスっとナイフが聖羅の胸に突き立てられる。
だが死んだはずの聖羅は立ち上がり自らナイフを抜いた!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ051944
ファイル名/ファイル容量
BJ051944.zip / 21.3MB (22337814Byte)

【星合 操の秘密の図書館】摩天楼千夜一夜 汚れた人魚のレクイエムの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操の秘密の図書館】摩天楼千夜一夜 汚れた人魚のレクイエム」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件