電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操の秘密の図書館】禁じられたイヴ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月25日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

…イヴ。愛しいイヴ。おまえは私の唯一の恋人。
おまえを失えば私は生きていけぬだろう。
私は待っている。イヴ、おまえが目覚める時を。
イヴ…お願いだ。もう1度美しいその瞳を開き、小鳥のように清らかなおまえの声で私を呼んでおくれ。

公爵は森の魔術使いの元へ取り出したばかりの心臓を持って訪ねた。
そこには公爵の妻の白骨が!?
公爵の妻、イヴは生き返った。だが、姿はイヴのままだが、その心は娼婦のものだった。

馬小屋で男を誘うイヴ。
「いけません、奥様。こんなことが旦那様に知れたら」
「何ビクビクしてんのさ。平気さ。誰にも知られっこないよ。これはあんたとあたいの秘密。
ほら、もう焦らさないでおくれよ。あたいを気持ち良くしておくれよ。そうそう」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ051942
ファイル名/ファイル容量
BJ051942.zip / 23.41MB (24547155Byte)

【星合 操の秘密の図書館】禁じられたイヴの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操の秘密の図書館】禁じられたイヴ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件