電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操の秘密の図書館】金のくちづけ 銀の蜜

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昨日、結婚したばかりの新しい夫は、とびきりの美男子。
巷では女泣かせのプレイボーイと鳴らした男。

だから私はとっても期待してたの。どんなにすごいS○Xをしてくれるのかしら…って。
なのに「えいっ」と。ぷすっと挿れたら「あっ」という間におしまい。
なっ、なんて事なの!信じられないソーロー男。これじゃ確かに女泣かせと言われたはずだわ。
「あんたなんかクビよっ!!」
チョンと首切り!?

ああどこかに私を満足させてくれる素敵な殿方はいないのかしら。
優しく繊細なテクニック。女の快楽の壷を熟知した、その指使い。
舌使いは私の体を限りなく溶かしていくわ。
そして熱く潤んだ私のそこを埋めるのは、りりしく逞しく神々しい程の輝きを放つモノ。
私の体をハードに貫く。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ051940
ファイル名/ファイル容量
BJ051940.zip / 22.48MB (23573293Byte)

【星合 操の秘密の図書館】金のくちづけ 銀の蜜の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操の秘密の図書館】金のくちづけ 銀の蜜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件