電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操の秘密の図書館】美しの華の浮世に

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年01月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数98
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

銀色の髪の美しい女…。おまえは誰だ…!?
私は件(くだん)。件? 件とはなんだ? 件とは人ではない。人ではない?
では、なぜ人の姿をしている? なぜ美しい女の姿をして、ここにいる?

あなたを愛して…あなたに愛されるために私は女の姿になった。
1159年、平治の乱で非業の最後を遂げた源義朝は、死の前に未来を予言する件を殺した。
勝者の平清盛の目前で、件は生き返り、清盛を主とした。
清盛の孫、資盛は、この年、数えで10歳となり、この戦が初めての出陣だった。
血にまみれて倒れている死んでいるはずの女が、目を開き、音も無く立ち上がった。
それはこの世のものではなく、だが、この世のどんな女よりも美しい魔性の件との出会いだった。そして!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ049258
ファイル名/ファイル容量
BJ049258.zip / 35.65MB (37378278Byte)

【星合 操の秘密の図書館】美しの華の浮世にの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操の秘密の図書館】美しの華の浮世に」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件