電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【星合 操 官能の美学】蘭の喪失

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年01月11日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数54
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

柔らかく豊満な成熟した体。吸い付くような絹の肌。
甘く溶けるような唇。蜜の夜を秘めたまなざし。
それでいて、その女は清純な清らかさを持っている。
まだ誰の手垢にもまみれていない無垢な少女の清らかさ。
私が求めている女。だが、そんな女はどこにもいやしない。
男の理想の中にだけ存在しているのだ。

私はその理想を自分の手で形にしてみたいと思った。
私の前に現われるのは、仕事を得るためには肉体を投げ出す事もいとわない下品な女達。
私はうんざりしていた。私が撮りたいのは決してそんな女ではないのだ!
そんな時私の前に現われた女、るり。
「自分がどんな女か先生に確かめて欲しいの」
そう言って服を脱ぎ素肌を晒す。彼女はヴァージンだった!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ049255
ファイル名/ファイル容量
BJ049255.zip / 19.41MB (20350148Byte)

【星合 操 官能の美学】蘭の喪失の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【星合 操 官能の美学】蘭の喪失」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件