電子書籍 > 秋水社/MAHK > その日、私は死神に抱かれた。

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年12月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数53
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

「彼の命を少しでも救える可能性があるのなら…!!」
ガラス越しに映るパックリと丸見えになった秘部…
婚約者の湊が眠る病院のベッドの横で、死神にヤラれる日々――。 

一香は、大好きな彼・湊と幸せな日々を過ごしていたが、ある日、湊は交通事故に…。
彼の命を救う唯一の方法は、病室に現れた死神とゲームをすること。
しかしその内容は、湊の余命一週間の間、抱かれることだった!? 
湊を助ける為とはいえ、好きな彼の隣で、無理矢理抱かれてしまう…。

そして、死神の変な力によって、湊の両親の前で強制的に快楽を与えられたり、
ろくな愛撫もナシに無慈悲な挿入をされて、精神的にも肉体的にも追い詰められて…。
ミダラな日々が彼女を襲う――!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ048163
ファイル名/ファイル容量
BJ048163.zip / 12.07MB (12655181Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「その日、私は死神に抱かれた。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件