({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年12月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数76
ジャンル
ファイル容量
39.21MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

同窓会の帰りに出会った年下の男。
過ぎ去った青春の物悲しさと酔いの勢い、
そして激しい恋への憧れと夫では得られなかったトキメキが欲しくて、彼の抱擁を拒めなかった。

下着の中に入れられた指の感触に、思わず出た言葉は「だめよ、こんなところで」だった。
理性より情熱が、分別より欲望が勝り、
むしろ悦びの声を上げて、私は彼の昂りを濡れそぼった蜜壷に迎え入れてしまった。

それ以来、私たちは、家から遠い場所を選び、
公園で、映画館で、ホテルで人目を盗んで、互いの体を求め合った。
彼の若い肉茎は疲れる事を知らず、1度イッテも私のフェラで瞬く間に回復し、
欲望のままに様々な体位で私を貫き、日常のすべてを忘れさせてくれたのだった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「貪り合う獣たちの幻影」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件