({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「今ならまだ間に合う。パパを押しのけてくれ…」
あたしとパパはこの日、超えてはいけない一線を越えてしまった――。
いつからか淡い恋心を抱いてしまっていた義父と、
ひょんなことから2人で温泉旅行に行くことになった愛子。
しかし旅先で元カレと再会したことから、運命が廻り始めて…。
焦らすように動く指、甘いキス。
パパにトロトロになるまで奥を舐めあげられ、朝まで何度も貫かれる身体。
秘密を抱えて生きるふたりの物語が始まる──。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「保護者同伴~パパは私を朝まで、何度も~(5)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件