電子書籍 > オフィス漫 > 孤独の群衆(3)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月14日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数216
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

親からの愛情を切望していた高校生・太一は、
スポーツクラブを経営する優しげな男・神津と出会ったことで、その願いが叶えられるかに思えた。
しかし神津は「良心なんて持ち合わせていない」と自らを評し、闇の商売に手を染めている冷血漢。
健全なはずのスポーツクラブは、裏では金持ちの男色家に少年たちをあてがう秘密クラブ「ハイソサエティ」として機能していたのだ。
太一のクラスメイト・高橋は、その稼ぎのおかげで病床の母親を死なせずに済んでいた。
重い事実を知った太一は秘密をいったん胸にしまいこみ、神津の虚無的な言動をいさめようと孤独な闘いを始める。
しかし、彼の肉体にクラブの会員・加賀の魔の手が迫り……。 
ハードな展開のBLダークロマンス第3巻(完結)、感動のラスト! 
少年時代の神津を描いた番外編(前・後編)も同時収録!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035251
ファイル名/ファイル容量
BJ035251.zip / 114.41MB (119966920Byte)

孤独の群衆(3)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「孤独の群衆(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件