電子書籍 > オフィス漫 > 孤独の群衆(2)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月14日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数196
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

スポーツジムの経営者・神津涼一は氷のように冷たい男。
健全な商売は表向きだけで、裏では少年たちを選りすぐり、金持ちの会員たちに身体を売らせていた。
神津を慕っていた無垢な少年・太一は会員のひとり・加賀に目をつけられ、暴行を受ける。
心と体に傷を負ったまま、太一は京都の寺へ向かい、神津の義弟・財前の保護を受けた。
だが安息も束の間、その場所には神津と義父の忌まわしい関係が刻みつけられていた。
神津にも恵まれない過去があり、トラウマがあったことを知った太一は、
衝撃をうけつつも「神津さんのようにはならない」と心に誓い、東京で孤独な闘いをつづけてゆく。
太一の弱みを握った加賀の要求はエスカレートしてゆき、ついに複数の男に体を売るように命じられる。
純粋な太一の心は、この試練に耐えられるのか? 
そして冷酷なはずの神津は、ついに太一を救おうと動き始め……。
暗鬱な運命が交錯し、希望へと向かう青春BLダークロマンス第2巻(全3巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035250
ファイル名/ファイル容量
BJ035250.zip / 107.8MB (113032790Byte)

孤独の群衆(2)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「孤独の群衆(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件