({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年02月24日
シリーズ名絶対服従ロマンチカ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
15.46MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「ソレをオレに渡せ。使用中だ。」
松臣がゴッドと知り、見た事のない姿に狼狽する竹流。
「蜜のようにねっとり濡れているだろう?」
松臣の言葉によって真っ赤に染まる小梅に竹流は更に動揺してしまうが…。
「3人で仲良くシようゼ」
小梅の体を押さえつけ、胸を弄る松臣。
「ほら、揉んでみろよ」
あらわになった小梅の胸、松臣の甘い言葉に、竹流の手は小梅に伸びていく。
抵抗出来ない小梅は、これから起こることに目を瞑る事しかできず…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「絶対服従ロマンチカ(9)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件