({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年12月29日
シリーズ名絶対服従ロマンチカ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数91
ジャンル
ファイル容量
19.61MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「見てちゃダメ?」突然部屋にやってきた竹流から隠れるため、ベッドに潜った小梅と松臣。
しかし竹流は松臣が誰か女の子とエッチしていると勘違いしてしまい…! 
手で遮られたキス、擦れる肌、ただそれだけなのにカラダは松臣をどんどん欲しがっていく。
そして、松臣のベッドシーンを見ていた竹流は抑えきれない熱を抱えて
小梅の部屋へ向かうが、そこにいたのは潤子だった。

「小梅さんと思って抱いてくださいっ!」
ダメだとわかっているのに目の前で潤子の全身を見せられて…。
一方で小梅は帰り道にハレンチと出会う。
「いっそボクで逃避しちゃいなよ」
竹流と松臣への気持ちに悩む小梅の手を引いて向かう先は
「LOVE」で「ENJOY」で「H」で始まる場所!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「絶対服従ロマンチカ(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件