({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 藤村綾生
出版社名 シガリロフォローする
レーベル シガリロ
販売日 2013年12月14日
シリーズ名嘘をほどく、真昼の檻
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数90
ジャンル
ファイル容量
15.71MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

若くして父の跡を継ぎ、社長として働く都築要(つづきかなめ)。
彼には忘れられない初恋があった。
高校時代、幼なじみの早瀬恭一郎(はやせきょういちろう)に、
ずっと抱いてきた気持ちを告白しようとした要。
しかし、彼の拒絶を感じ取ってしまい、想いは告げられないまま別れることに…。

想いは燻ったまま――だが、10年の時を経て、やっと初恋をふっきれると思った矢先…
恭一郎が、社長専属の秘書兼運転手として要の前に現れて…!?
戸惑う要に、幼い頃と変わらず、犬のようにじゃれつく恭一郎。
「好きだから、遠ざけたい…」
中途半端な関係がつらくなった要は、ある行動を起こすことに…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「嘘をほどく、真昼の檻(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件