({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年11月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数176
ジャンル
ファイル容量
47.12MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

その瞬間、絡みつく視線が俺を締め上げた。不遜な視線のその男は、大会社ミムロマテリアルの御曹司・御室由考。
倒産寸前の父の会社へ融資を依頼した俺に、彼は信じられない条件を出してくる。
融資の対価は、俺自身。躯も意思も、俺のすべてを売り渡せと―――。
低く響く声で「お前は俺のものだ」と言い放つ由考は、俺をなぶりものにしたいだけだと解っていた。
なのにいつしかその言葉が、俺の耳に甘く流れ込むようになり…。
違う。この想いは―――錯覚だ。

大反響を呼んだアダルトハードロマンス第1巻が堂々登場!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「凍る灼熱  凍る灼熱シリーズ1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件