({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年11月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数38
ジャンル
ファイル容量
13.87MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

お屋敷に1人で住むお嬢様エイミ。エイミには執事ロボット・クリスが仕えていた。
嵐のある日、エイミをとっさにかばったクリスが雷に打たれ…
元々はSexで女性を悦ばすために作られたロボット=セクサロイドだったことを思い出す。

「クリス…何をするの?」
「心配いりません。気持ち良くしてさしあげるだけです。可愛い乳首だ」
ロボットならではの丁寧で的確な愛撫でもうメロメロ…
戸惑いながらも本当の快楽を知っていくエイミ。
「あっ…私なんだか頭がヘンになりそう…あなたの…入れて」
エイミの身体は昇天しまくり、どんどんいやらしく変化していく。

ある朝、お屋敷に男子学生があらわれエイミに近づくと、
それを見たクリスは嫉妬に狂い、衝撃の行動にでるが…!?
甘美でせつない執事ロボットとお嬢様の究極の官能愛。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「私の執事はセクサロイド」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件