電子書籍 > フューチャーコミックス > 純文学作家シリーズ 耽溺浪漫綺譚

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

有能な小説家、竜之介に憧れ、自らもコツコツと物書きを目指す宰治。
ある日竜之介の小説を買いに出た処、目の前に突如竜之介本人が現れる。
宰治は思わず竜之介に告白をしてしまうのだが、その時こそ宰治が恋に落ちた瞬間だった。
そんな真っ正直な宰治を気に入った竜之介は自分の書生となるように声をかける。
「オレを愛しているのならオレの云う事を訊くだろう?」
意味ありげな竜之介の言葉の真意とは?
一方的で身勝手な竜之介に振り回されながらも恋心を募らせる宰治。
二人の思いが倒錯する切なすぎる恋愛オムニバス。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ016590
ファイル名/ファイル容量
BJ016590.zip / 33.94MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「純文学作家シリーズ 耽溺浪漫綺譚」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件