電子書籍 > イースト・プレス > 花嫁は黄金に攫われる

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年06月20日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数155
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容


「その程度の誘惑で、飛びつくとでも? ──この私が」
聞き慣れたフレーズであるはずなのに、凌は酷いショックを受ける。
とっさに彼のマスクを奪おうとした。彼は凌の恋人だと、この目で確かめたかった。
だが凌は手首を捻り上げられる。
「痛っ」
「マナーがなっていないな。素顔を晒させたいなら、私を夢中にさせることだ」
──こんな人、知らない。
凌は思った。目の前にいるのは、優しい恋人ではなかった。
凌の恋人は、凌が恥じらいながらかろうじて口にする拙い誘いの言葉に苦笑しながらも応えてくれる。
「ベッドに行きましょう」「今夜は鍵を閉めないんですか?」
──ささやくだけで、凌が欲しがっているものを察して与えてくれる。
それなのにこの人は、凌の甘えを許してくれない。
──知らない人だ。
燕尾服にマスクという日常からかけ離れたアイテムが、今はじめて凌の目から『塔眞貴砺』という人を消し去った。
そして同時に、彼の花嫁であるという自分の存在も消し去られる。
『名前を持たない』──一夜限りの逢瀬。

──彼が欲しい、と。


==================

骨董商の凌は、パリで実業家の恋人、貴砺と遭遇する。
大好評♪花嫁シリーズ、愛の逃避行編!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ013406
ファイル名/ファイル容量
BJ013406.zip / 7.07MB (7408992Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「花嫁は黄金に攫われる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件