電子書籍 > ア・ラ・モード・ボーイ > ボクの彼氏は梅干ボーイ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年06月02日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数25
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

BLに新機軸! なんとテーマは「うめぼし」!

ある日、学園で出会ったのは「うめぼし」を食べながら本を読む美少年だった。
そこに体調不良の健吾が偶然にベンチに座り、美少年(樋山)のうめぼしを食べてしまうと、樋山の目に涙が。
うろたえる健吾。あわてて次の日健吾は、うめぼしを買ってくるのだが、それは樋山の好む味ではなかった。

不思議な出会いから始まった二人の交流。
そんな中たまたま健吾の手に持っている、うめぼしを樋山がパクッと食べたら、健吾の体にビビッと電流が!
その瞬間思わず樋山を意識してしまう健吾。
そして、その感情と欲望は日に日に大きくなっていき、
ついに健吾は抑えきれない自分の気持ちを確かめるためにある行動を…!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ012411
ファイル名/ファイル容量
BJ012411.zip / 8.74MB (9167850Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ボクの彼氏は梅干ボーイ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件